So-net無料ブログ作成

『お母さんのような、お父さん』の巻 [こども]

結婚した頃は、ご飯も炊けず、家事は一切できなかった忍者ですが、
私の、愛のある厳しい(?)指導によって、今では炊事洗濯掃除と、何でもこなします。

家事を仕込みすぎて、すっかり「専業主夫」志望になってしまったのは、失敗でした・・・
仕事が嫌いで、家にいるのが大好き。
お願いだから、日曜日の夜になると不機嫌になって、暗い顔をするのを止めてほしい・・・

「明日からまた仕事だ、つまりそれは俺にとっては死を意味する・・・」

等々、憂鬱そうにつぶやかれると、うっとうしくて(涙)

そんな忍者、妊娠中から、鬼コーチとして何かと口をだしてきていましたし、
「この人、子供が産まれたら、世間でいうところの、『イクメン』になるんだろうなぁ」
と思っていましたが、予想以上でした。

母乳がでないことを除けば、私より子育てに熱心。
”お母さんのような”お父さん、です。

産後、退院してからずっと、双子と一緒な部屋で寝起きし、
ほぼ2時間おきだった夜中の授乳やオムツ換えも、必ず起きて一緒にやってくれました
(私が寝たふりをして、忍者に全部やらせたことも、一度や二度ではありません・・・)
授乳後、なかなか寝てくれない時は「君は寝てていいよ、僕が寝かしつけるから」と。

赤ちゃんが生まれると、仕事に支障が出るからと、一人別の部屋で寝るようになる
お父さんも多いと聞きますが、忍者は毎日、睡眠不足で仕事に行っていました。

毎日、会社から帰宅後に、育児日記を読んで、双子の一日の生活を知るのが楽しみで、
便秘や湿疹などがあると、育児書を読んで症状や対策を調べていました。

土日は、朝からずっと双子の世話。
お風呂もずっと、忍者が入れていました。

双子にメロメロで、ずーっと遊んでるし、ほっぺたとかにチューを繰り返すし
(双子にとっては,迷惑で仕方ないことでしょう・・・)
私より忍者が育児休暇をとったほうが、皆がハッピーだったんじゃないか、と思いました。

私と双子が里帰り中は、寂しくて4キロも痩せた忍者。

双子も6ヶ月になった今では、夜中のオムツ換えや寝かしつけは全部忍者。
私は忍者に「オムツ替えたからおっぱい飲ませて」と起こされ、
寝ぼけながら双子の近くに移動しておっぱいを飲ませ、
そのままおっぱい全開で寝てしまうのですが、
気がつくと布団がかけられていたりします・・・

「ショウ君におっぱい飲ませて」って言われたのに、
寝ぼけて間違えてシュン君に飲ませようとして、
せっかく寝ていたシュン君を起こしてしまい、
「そっちじゃなーい」
と怒られたことも・・・

以前は、私が双子の近くで寝ていたのですが、
「君は寝ているだけで、寝相の悪い双子に布団をかけなおしたり、
夜中に起きてオムツを替えたりしないから、僕が近いほうに寝ます」
と、寝る位置も交代させられてしまいました。

ニュースで「イクメンは男性ホルモンが低下する」という記事を読みましたが、
もともと、”思春期の中学生女子”みたいな性格の忍者は今、
男性ホルモンが相当低下しているに違いありません。

そして、私は”お父さんのような”お母さん。
母乳は出すけど、子育てはいい加減だし、おおざっぱ。
子育ての目標は低く、”最低限、死なせないようにすれば何とかなる”と思っているほど・・・

妊娠中、他のママさんの出産記などを読んでいて、
「生まれた瞬間から母性があふれ出てきて、子供が愛しくて涙がとまりませんでした」
などと書いてあるのを見て、自分もそうなるのかなぁ、なんて漠然と思っていましたが、
帝王切開で出てきた双子を見ても、しごく冷静で、
産後も、双子のお世話をしながら、母や忍者が何かと双子に話しかけているのを横目に、
私が、ただただ無言で、黙々と双子のお世話をしていたら、母に
「あんた、何かしゃべりかけなさいよ」
と注意される始末・・・

でも、正直言って、赤ちゃんに何を話していいか分からなくて。
逆に、皆、なんであんなに話すことがあるんだろう、と不思議で仕方ありませんでした。

母や忍者は、双子が可愛くて仕方ない様子で、
「何でそんなに手放しで可愛がれるの?」
と質問して、変な顔をされたりしました・・・

育児雑誌なんかには、「歌を歌ったり、手遊びをしたりしましょう」って書いてありますが、
なにを歌っていいか分からないし、手遊びも一個も知らないし。

(私みたいに、初めて赤ちゃんと触れ合う機会が、自分の出産。って人、多いんじゃないかな。
少子化に歯止めをかけたいなら、女性には、ある一定の年齢になったら、
妊娠・出産・子育ての実践的研修を受ける機会を提供すればいいのに。
先輩ママさんの話をたくさん聞かせてあげて、大変さばっかりじゃなくて、
子育ての楽しさや、得られるものも教えてあげてほしいなぁ。)

子供が可愛くない訳じゃないのです。
子供の代わりに死ねといわれたら、喜んで死にます。
(忍者の代わりには、到底死ねないけど)

人生で、自分の命なんか簡単に捨ててもいいと思えるくらい、
大事な人が2人もできるなんて、不思議だけど、嬉しいことです。

こんな、母性あふれる忍者に、
「もし次に子供ができて、また双子だったらどうする?」
と聞いてみたら
「それはもう、”いよいよ僕が家庭に入る時がやってきた”、って思う」
と・・・

もういっそ、子供も産んでくれればいいのになぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『赤ちゃんの力』の巻 [こども]

私が双子を連れて里帰りしてから一週間後、
今年88歳の祖母が、体調を悪くして入院してしまいました。

里帰りしてから、双子をとてもかわいがってくれて、
抱っこしてくれたり、あやしてくれた祖母。もともと心臓が悪く、
私たちが帰ったせいで、気を使わせたりして疲れさせたのが原因ではないかと、
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

一時は、医師から「命が危ない」と言われたくらいだったのですが、
驚異的な生命力で、徐々に回復していきました。

母と私は、双子を連れて病院にお見舞いに行きました。
双子を見ると、辛そうな祖母が笑顔になり、元気になっていくように見えました。

母は、祖母が元気になる様子をみて、双子を栄養ドリンクになぞらえて
「チオビ太」
「リポビ太」
と呼んでいました。

双子も、病院にいる間は、ぐずる事もなく、ニコニコしています。
赤ちゃんだけど、状況が分かるのかなぁ・・・

DVC00123.JPG

祖母と同室の患者さんも、双子を見て笑顔になってくれました。

看護士さんや、リハビリの技師さんも、双子が来ると集まってきてくれて、
皆で抱っこしたり、あやしたりしてくれました。

2人ともナースステーションに連れて行かれて、なかなか帰ってこなかったことも・・・

母は、
「双子を病院の休憩室に置いておいて、患者さんに元気をあげれば、
『ベビーセラピー』としてお金が取れるんじゃ・・・?」
なんて冗談をよく言っていました。

赤ちゃんは、可能性のかたまりで、夢と希望のかたまり。
赤ちゃんは、ただそこにいるだけで、周りの大人たちに元気をくれるんだなぁ、と思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『実家でのびのび育児』の巻 [こども]

双子が3ヶ月になってすぐ、6月から7月の半ばまで、
実家の福井に里帰りしていました。

産後、地震があったり、双子を連れて出かけるのが難しかったりして、
東京にいる間は、ず~~っと引きこもりだったのですが、
福井に帰ってからは、母が意図的にあちこち連れ出してくれました。

毎日車に乗って、スーパーや公園に出かけました。
何ヶ月もほとんど歩いていなかったので、足腰がずいぶん弱っていたのですが、
ちょっとずつ歩けるようになりました。
父も、よく双子を抱っこしては、一緒に出かけてくれました。

買い物は、授乳室のあるショッピングセンターを選んで出かけて、
母が一緒にミルクを飲ませてくれました。

ある時などは、私が1人でショッピングセンターの授乳室で
ミルクを作っているとき、双子が号泣していたら、店員さんが飛んできてくれて、
双子の1人を抱っこして泣き止ませ、ミルクを飲ませてくれたことも。
東京じゃ考えられないですよね。
福井の人ってあったかいなぁ、と思いました。

「産後はもうしばらくは外食なんて無理だろう」、と諦めていたのに、
行動派の母は、
「座敷があるところなら、風呂敷を敷いて寝かせておけばいいのよ!」
と、外食にも何度も連れて行ってくれました。

「8番ラーメン」でラーメン、「ヨーロッパ軒」でカツ丼、「天山飯店」で中華丼。
昔から大好きな食べ物ばかりでしたが、「外食ってこんなに楽しかったんだ・・・」
と、本気で感動しました。

パン屋さんがやっているカフェ 『たねと、はっぱ』
は、お座敷があって、赤ちゃん連れでも気兼ねなくランチが楽しめます
「スープのランチ」
DVC00133.JPG

お好み焼きなんて絶対無理だろう、と思っていたのに、意外と行けました。
『大阪風月亭』
DVC00105.JPG
DVC00104.JPG

風呂敷の上に寝かされているショウ君
DVC00106.JPG

黄昏泣きの時間帯には、1人をおんぶして、1人をベビーカーに入れて、
近くの川まで散歩に行きました。
散歩をしていると、私を子供時代から知っていてくれる近所の人たちが、
たくさん声をかけてくれました。

山があって、川があって、周りの人が温かく見守ってくれて、
子育てにはいい環境だなぁ~、でもいつか東京に帰らないといけないんだよなぁ、
と毎日のように思っていました。

実家に滞在中、ショウ君が夜中に39度の熱を出したときも、
母が病院に連絡してくれ、車で夜間救急に連れて行ってくれました。
私はただ、オロオロするばかり。
DVC00100.JPG

実家にいる間、予防接種もいくつか受けましたが、
不活化ポリオを受けた病院では、注射痕に、手書きのこんなかわいい
シールを貼ってくれました
DVC00120.JPG

私の気持ちが落ち着いていたせいか、実家に帰ってからは双子もよく寝てくれました。

シュン君は、クレイジーケンバンドの「いい~ね!」のポーズ・・・
DVC00121.JPG
DVC00122.JPG

ショウ君は、ウルトラマン・・・?
DVC00135.JPG

暑い日には、甚平を着てお出かけしました
DVC00110.JPG

ちなみに、甚平の下だけを履いた状態のショウ君は↓
DVC00112.JPG

母は、双子にメガネをかけたり、頭にガーゼを載せたりして、
よく遊んでいました・・・
DVC00102.JPG
DVC00127.JPG

福井県は、共働き率がとても高いのですが、出生率も高いのです。
子供を連れて帰って感じたのですが、
保育園や病後時保育が充実しているし、
祖父母と同居か近所に住んでいるので、サポートを受けやすい。
自然もいっぱいだし、子育てにはいい環境です。
私は東京で夫婦で頑張るしかないのですが(涙)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。